にんにく卵黄は昔からあった?

にんにく卵黄は昔からあった?

にんにく卵黄

江戸時代には参勤交代という制度がありました。

 

江戸(東京)に近い藩は大きな負担ではありませんが、薩摩藩(鹿児島県)にとってはとても大きな負担がありました。それは経済的な負担もありましたが、今と違って歩いていくため肉体的な負担も大きかったのです。

 

その肉体的な負担を軽減したものににんにく卵黄があったそうです。

 

参勤交代で江戸に向かっている間、活力の源となるにんにく卵黄を摂取していたそうです。

 

そのにんにく卵黄は現在社会でも注目されているのです。毎日仕事で忙しくしている人も多いでしょう。

 

そのような人にこそ、にんにく卵黄を利用してほしいです。

 

ただ昔は薩摩藩を中心に家庭で作られていたそうですが、現在ではにんにく卵黄を作る時間もないでしょう。

 

そこでオススメなのが健康家族の伝統にんにく卵黄です。

 

健康家族の伝統にんにく卵黄は、サプリメントであるためいつでも気軽に服用することができるのです。

 

忙しい人にピッタリのアイテムだと思っています。

▲上へ戻る

page top