オジャルー大冒険おじゃる日記

お水ダイエットの特徴と浮腫みの効果やデメリット

お水ダイエット

水ダイエットでは、普段よりも多く水を飲む事で、身体は60%水分で構成されている事から、老廃物の除去や新陳代謝が挙がる事で、ダイエットも可能と言う考え方です。

 

水を飲むと体温よりも低いですから、体温を上げようとしてエネルギーを消費します。

 

また体温が冷たくなる事で逆に新陳代謝が下がる事になるのでは?と思うかもしれませんが、人間は寒い時期などは基礎代謝が逆にあがります。

 

夏の方が基礎代謝は低いのです。しかし夏はその分消費エネルギーが大きいのでダイエットには向いていると言われています。

 

水ダイエットで一番重要な事は、身体が体温を保つためにエネルギーを消費することに繋がる事です。

水ダイエットの方法

  • 約1.5リットル程の水を1日の中でがぶ飲みをするのではなく定期的な時間と量を守りながらこまめに水分を補充します。
  • 水分を1.5リットル以上飲まれる人は身体のナトリウム濃度が低くなるので岩塩などの天然塩を使用すると良いでしょう。
  • 冷水ではなく体温と同じくらいの水を飲む事で、身体が冷たくならず、胃や腸などの内臓に負担がかからずに済みます。

水ダイエットの効果

胃の中が水分で満たされる為、食欲を抑えることに繋がる。

水分が身体の中に多くある為利尿作用を促し、体内の老廃物を排泄しやすくなる。

胃や腸の働きが活発になる事で、内臓の働きが良くなる事で新陳代謝も向上し便秘などの解消に繋がる。

ミネラルが含んだ水を飲む事で、健康的にダイエットに繋がる。

page top